上野歯科医院の診察内容(根管治療)のご紹介

根管治療は、神経を抜いた歯の“基礎工事”。完全な治療で歯の寿命を延ばせます

北九州市八幡西区の上野歯科医院の根管診療例

根管治療とは、歯の神経(歯髄)が入っている管の治療です。
よく「歯の神経を抜く」と言いますが、神経を抜いた後の手入れが根管治療です。

これは、いわば歯の基礎工事にあたる大変大事な治療です。
神経を抜いた穴(根管)を針のような細いヤスリ(ファイル)で拡大清掃、消毒しツマ楊子状のゴム(ガッタパーチャ)で充填し密閉します。

密閉が完全にできていれば、歯髄を失った歯でも将来長く使うことができます。逆に密閉が不十分だと、この根管を通して細菌の感染が起こり、歯の根の先に大きな病変ができることになります。 一昔前には、この根尖病変があると抜歯の対象とされていましたが、今は根管治療をきちんとやり直せば治るのが常識となりました。

福島喜子先生

根管治療をきちんと行えば、
神経を抜いた歯を長く維持させることができます

根管治療は家でいうところの基礎工事にあたります。
基礎がしっかりしていなければ、どんな立派な家を建てても長持ちしないのと同じで、根管治療がきちんとしていなければ、何度も治療が必要になったりたり、抜歯の時期を早めたりすることになります。

ていねいに根管治療を行うのは、患者さんにこのようなリスクを負わせないためなのです。

“根管治療は歯科医の良心”患者さんの立場に立ち、ていねいに行っています

根管治療は、手間と根気のいる仕事で、歯科医師の技術と根気と時間が必要です。
根の先端まできっちり詰まっているかどうかはレントゲンでしか確認できないため、完全に治療が行われたかを患者さんは判断できません。
だからこそ、歯科医師の責任において、きちんと行われるべき大切な治療です。

しかしながら、日本の保険制度ではしっかりやろうとすればするほど採算に合わないと、ないがしろにされている治療でもあります。

これが、「根管治療は歯科医師の良心」ともいわれる由縁でもあります。
自らの歯が残った方がいいのはあたりまえです。上野歯科医院では、これまでに培った技術と、「もし自分が患者だったら」の立場でものを考え、手間と暇をかけて根管治療を行っています。

治療例:

歯に腫れと痛みが出たため来院した患者さんです。
歯の根元に病変がみられました。根管治療を完全に施し、その後定期検診を行った結果、治療後11年経過しても患部は良好な状態を保っています。

北九州市八幡西区の上野歯科医院の根管診療例