上野歯科医院の診察内容(インプラント)のご紹介

一般的となってきたインプラント治療 上野歯科医院では、リスクの高い外科治療であるという認識を忘れず 最良な選択肢であるときにおすすめしています

上野歯科医院のインプラント治療のイメージ

インプラントは、チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上に、人工歯冠をつけたものです。

インプラントのメリット
  • 顎の骨に固定するので、違和感がなく、固いものを噛むことができ るようになる
  • 隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけない
  • 見た目が天然歯に近い
インプラントのデメリット
  • 治療期間が長い
  • 保険が適用されないため、治療費が高額になる
  • 外科手術である以上、リスクを伴う

きちんとメンテナンスをすると長期間にわたり使用でき、噛む力が強く自らの歯と同じような感覚を得られるため、噛みしめたときの感覚も変わり、自然と食事も楽しくなります。“第二の永久歯”と呼ばれるほど、効果の高い治療法として注目されています。

また、近年の再生療法の進歩、インプラント自体の進化により、以前ならインプラントが難しいといわれていたケースでもインプラント治療がおすすめできるようになってきました。


■インプラントと他の治療との違い

■インプラント ■ブリッジ ■1本入れ歯
インプラントの治療

[メリット]
・違和感がない
・硬いものも咬める
・隣の歯を削る必要がない
・天然の歯に近い仕上がり
[デメリット]
・治療期間が長い
・保険がきかない
・外科手術というリスク

ブリッジの治療

[メリット]
・硬いものが咬める
・保険を利用できる
(メタルの場合)
[デメリット]
・汚れが溜まりやすい
・両隣在歯を削る必要がある

1本入れ歯の治療

[メリット]
・保険を利用できる
[デメリット]
・異物感がある
・硬いものがなかなか咬めない
・バネかける歯に負担がかかる

本当にインプラントが適切か? 自分が患者だった時、選ぶ治療をおすすめします

インプラントは他の治療法にはないメリットがあり、魅力のある治療方法であることは確かです。
一般的な治療となってきましたが、外科的治療であること、患者さんの健康状態によってはリスクが高いなど負担の多い治療であることも間違いありません。さらに、施術後も適切なメンテナンスが求められます。

上野歯科医院では、歯科医師として、インプラントの治療を選択する前に検討すべきことがあると考えています。

  • 自らの歯が残せないか?
  • 虫歯・歯周病の治療が適切に行われていて、インプラントが長持ちしそうか?
  • 咬合(噛み合わせ)がよく、インプラントに過度な負荷を与えることなく、長持ちしそうか?
  • 患者さんが、インプラントに対する説明を理解し、納得の上で選択しているか?

まず、患者さんの要望を聞き、インプラントのメリットデメリットを説明する、その上で患者さんがインプラントを選択された場合、医師である私たちは「もし自分が患者だったらインプラントを選択するか」を判断基準にしています。

福島喜子先生

インプラント治療時に
咬み合わせ治療をおすすめする場合があります

長期間歯が無いまま放置していると、歯のバランスが崩れてしまいます。
上野歯科医院では、インプラント治療を行う患者さんの咬み合わせをチェックして、必要な場合は同時に治療することをおすすめしています。
咬みあわせを調えるとインプラントの寿命が長くなるというメリットもあります。


治療例1:入れ歯しか治療法がなかったところをインプラントに

下の奥歯が無い状態のため、従来だと入れ歯をおすすめする症例です。
長期間奥歯が無いまま放置していたため、上の歯が伸びて下の歯を作ることができない状態でした。噛み合せを整える治療を同時に行い、インプラント治療を施しました。

北九州市八幡西区の上野歯科医院のインプラント治療例

治療例2:自分の歯を削らないという選択

間の歯を抜いてしまった場合、以前なら、ブリッジによる治療が主流できした。
しかし、ブリッジは前後の健康な歯を削ってクラウンにする必要があります。前後の歯に負担がかかり、歯の寿命を縮める危険性もあります。

ブリッジによる治療は保険が適用されますが、審美面を考えて素材をポーセリン(陶器)などにした場合、保険適用外となり費用はインプラントとあまり変わりません。
このような経緯から、最近はインプラントをおすすめする機会が増えてきました。

北九州市八幡西区の上野歯科医院のインプラント治療例
上野純子先生

インプラントはメンテナンスが大切です
インプラントは人工歯根ですので虫歯にはなりませんが、不潔にしておくとインプラント周囲炎といわれる歯周病が発生します。
インプラントは自分の歯以上にメンテナンスが大切です。怠ると、せっかく手に入れた人工の歯も駄目にしてしまうことにもなります。せっかく取り戻した歯を長持ちさせるために、しっかりとお手入れし、定期的な検診をおすすめしています。