上野歯科医院の診察内容(マグネットデンチャー)のご紹介

磁石で入れ歯しっかり固定。 審美性に優れ、使い心地が良く、お手入れが簡単な新しい入れ歯です

入れ歯は、天然の歯と違い、どうしても違和感が出てきます。多少の違和感は慣れていただくしかないのですが、最近は入れ歯も進化しています。 従来の金属バネを利用した義歯(入れ歯)ではなく、磁性のアタッチメントを利用し、磁石の力により義歯をピッタリと吸着する“マグネットデンチャー”です。次世代型の入れ歯として、注目されています。

上野歯科医院のマグネットデンチャーの治療イメージ

残っている自分の歯に、磁石と相性のいい磁性金属(キーパー)、入れ歯側に超小型磁石を取り付けます。磁石でしっかり固定されますので、ガタつきません。

ご自身の歯が残っていれば、多少ぐらつきがあっても、抜かずに歯根を利用できます(ただし、神経は抜く必要があります)。歯が少しでも残っていると、物を噛んだ時の感触が残り、食べ物もおいしくいただけます。 治療費はインプラントよりも安く、手術も必要ありません。

治療終了後は、メンテナンスが必要です。
せっかく高い費用をかけて作った入れ歯を良好な状態に保つため、定期的なメンテナンスと検診を受けましょう。

■今までの入れ歯とマグネットデンチャーの違い

マグネットデンチャー従来の入れ歯
装着法
  • 残っている自分の歯に、磁性金属(キーパー)を入れ、入れ歯側に超小型磁石を取り付ける
    ※自分の歯がない時はインプラントと併用
【部分入れ歯】
  • 部分入れ歯の場合、残った歯に歯冠補綴処置をして、クラスプをかける
    →バネをかけた歯に負担がかかる
【総入れ歯】
  • 吸盤が吸い付く原理で、歯ぐきに床を密着させる
安定性
装着感
  • 磁石の力により入れ歯をカチッとと固定できるため、安定性が高く、口の中でぐらつくことがないため違和感が少ない
  • 自分の歯を利用できるので、噛み応えがある
【部分入れ歯】
  • バネを取り付けた歯が不安定だと、安定度が低くなる
  • バネ部分の下触りが悪く、違和感がある
【総入れ歯】
  • 違和感がある
  • 食事中噛んだ側と反対側が浮いたり、話している最中に外れたりすることがある
  • 歯ぐきが痩せてくるとバランスがくずれてはずれやすくなる
お手入れ
  • 構造がシンプルなため、取り外しが簡単でお手入れがしやすい
【部分入れ歯】
  • 歯の欠損状態によって入れ歯の形が複雑になると取り外しや手入れがむずかしくなる
審美性
  • バネがないため見た目が良い
【部分入れ歯】
  • バネが見えてしまい、審美性(見た目)を損なうことがある
経済性
  • 自費治療
  • 保険が適用可能
    ※種類によっては自費治療となる

■ご注意

  • マグネットデンチャーは、体には影響はありませんので、ペースメーカーをご利用中の方も使用できます。
  • MRIは、基本的に問題はありませんが、主治医へのご相談をおすすめしています。
  • 磁気アレルギーの方は使用できません。
  • 歯がない場合は、インプラントを埋入して歯根の代わりにします(手術が必要です)。

治療例:

上歯をマグネットデンチャーにしました。磁石を数か所に取り付けているので、安定性が高く、見た目も美しく仕上がりました。口元も自然で若々しい印象になりました。
義歯は、義歯床の素材によって、装着時に違和感を感じたり、温熱感覚が伝わりにくい場合もあります。ご相談いただければ、シリコンや金属など希望にあわせた素材をご提案いたします。

上野歯科医院のマグネットデンチャー治療前写真
上野歯科医院のマグネットデンチャー治療後:装着前写真
上野歯科医院のマグネットデンチャー治療後:装着後写真