上野歯科医院の診察内容(審美治療)のご紹介

歯から人生を変える。 素敵な笑顔で、すばらしいコミュニケーションが築けますように

北九州市八幡西区の上野歯科医院の審美治療イメージ

審美歯科とは、美しさに焦点をあてた、総合的な歯科医療のことです。

歯には機能的な側面と、美的な側面がありますが、その両面に焦点をあてて、幼年期から老年期まで、その年代にあった口元の健康と健康美を求めていこうというのが、私たち審美歯科協会会員の考えている審美歯科です。

歯から人生を変える。

その人の自然な笑顔・・・
表情はコミュニケーションの中では大切な要素です。

自分の言いたいことを豊かな表情に乗せて伝え、
新しく出会った方と素敵なコミュニケーションができるようになることは、
これからのあなたの人生を変えていくでしょう。


上野歯科医院の審美治療:メタルボンド 上野歯科医院の審美治療:ホワイトニング
上野歯科医院の審美治療:メラニン除去 上野歯科医院の審美治療:歯ぐきの再生

メタルボンド

メタルボンドとは、外から見える全ての部分がセラミック(陶器)で覆われている差し歯(クラウン)です。 見た目が良く変色せず、中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できるのが特徴です。

中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性もありますが、貴金属を使用すれば、その可能性は低くなります。

治療例:

事故により前歯を損傷した症例です。
根管治療後にメタルボンドによって、とても自然な歯となり、見た目も美しく回復しました。

上野歯科医院の審美治療:メタルボンド治療例
top

ホワイトニング

歯の黄ばみなどの色素沈着を取り除き、自然な白さを取り戻す「ホワイトニング」が人気です。歯に直接薬液を浸透させ漂白するため、歯を削ることなく白い歯を手に入れることが出来ます。

神経を抜いた歯は変色しやすく悩んでいる方も多いようです。以前は補綴にたよることが多かったのですが、最近はホワイトニングを行うことが増えてきています。
また、顔のエステと同じように、結婚式や特別な日に合わせてホワイトニングを希望される方も増えてきました。

市販のホワイトニング剤などもありますが、歯の黄ばみには、さまざまな原因がありますので、一度歯科医院で相談することをおすすめします。

■歯の変色のおもな原因
  • 個人差(生まれつき歯の色が黄色っぽいなど)
  • 加齢によるもの
  • 虫歯による変色
  • 詰め物や被せ物の金属の成分が溶け出したことによるもの
  • 歯に汚れがついている(たばこのヤニ、コーヒーやお茶、歯石など)

治療例:

神経を抜いた前歯の変色が目立ちます。
前歯のホワイトニングを行い、すいている部分にプラスチックを足しました。

上野歯科医院の審美治療:ホワイトニング治療例
top

メラニン色素の除去

年々歯ぐきが黒ずんできたと、お悩みの方は意外と多いものです。これはメラニン色素によるもので、肌の日焼けやシミと同じ原因によるものです。体に悪影響を与えるものではないのですが、不健康な印象を与えるため嫌がる方が多いのも、うなずけます。
メラニン色素を取り除けば、歯ぐきは健康なピンク色を取り戻します。期間は、個人差がありますが、2週間程度です。

これ以外にも、喫煙によるニコチンの刺激や入れ歯の上部が変色するなど歯ぐきの黒ずみの原因はありますので、歯科医院で相談することをおすすめいたします。

治療例:

【治療前】
歯茎にメラニンの沈着があり、ご本人の歯茎と入れ歯の歯茎の色の違いがはっきり分かります。入れ歯の金具が目立ち、いかにも作った歯という感じで自然観に欠けています。

上野歯科医院の審美治療:メラニンの除去治療前写真

【治療後】
歯茎のラインが不揃いなのを直し、歯肉の変色もメラニン色素除去法で美しく健康な歯肉に戻しました。入れ歯もバネが見えないような審美性を考慮した設計で装着しました。(このケースではマグネットを使用)

上野歯科医院の審美治療:メラニンの除去治療後写真

【メンテナンス中】
治療終了から3年経ちました。患者さんの手入れによって、快適で美しい状態が維持されています。

上野歯科医院の審美治療:メラニンの除去メンテナンス中写真
top

歯ぐきの再生

加齢によって歯ぐきは年々痩せてきます。歯周病が進行することによって急速に歯ぐきが痩せてくることもあります。また、もともと歯茎のバランスが悪いため、思いきり笑えないという悩みを抱える方もいらっしゃいます。
見た目を美しく整えるためには、歯だけではなく歯ぐきをきれいなラインに整形することが大切です。再生療法によて、自然な歯ぐきを取り戻すことができるようになりました。

治療例:

左の前歯の2本の神経を抜いているため、歯ぐきが後退しています。歯もぐらついていて、長くは持たないと診断されていたそうです。歯を作り直すにあたって、審美面も考えた治療を希望されていました。
歯茎のバランスを整えるため、後退した部分に人工骨を移植してボリュームを出しました。

上野歯科医院の審美治療:歯ぐきの再生治療例
top